NISTEP Repository >
0  報告書 >
03 調査資料 (Research Material) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/1145

タイトル: 我が国の博士課程修了者の就職意識・活動に関する調査研究
その他のタイトル: Analysis of job-seeking attitudes and activities of Doctoral Graduates from universities in Japan during Fiscal 2010
著者: 鐘ヶ江, 靖史
加藤, 真紀
茶山, 秀一
研究領域: 科学技術人材
発行日: 25-6月-2012
出版者: 科学技術政策研究所 第1調査研究グループ
資料の種類・番号/レポート番号: 調査資料;212
抄録: 本報告書では、2010年度に実施した「博士課程修了者の進路と就職活動に関する調査」を基に、我が国の博士課程修了者の就職活動の実態を分析した。この結果、博士課程進学時は回答者(全回答者から論文博士、社会人学生および留学生を除いた一般学生(1,537名)のうち、博士課程在籍中に就職活動を実施した1,055名)のおよそ3人に1人は、博士課程進学時には国外機関を就職候補先の1つとして考えており、日本国内の機関については半数以上の回答者が複数の機関種別(教育機関(大学等)、民間企業、公的研究機関)を就職候補先として考えていたことが示された。ただし、実際の就職活動において国外機関に応募した者の割合はおよそ8人に1人程度にとどまり、複数の国内機関種別に対して応募した割合についても4人に1人程度であることが明らかとなった。また、教育機関(大学等)と民間企業では就職活動時期が異なり、就職活動期間の時間的な負荷は就職活動先によって差があることが示された。
URI: http://hdl.handle.net/11035/1145
出現コレクション:03 調査資料 (Research Material)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-RM212-AbstractJ.pdf要約237.14 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-RM212-FullJ.pdf報告書全文5.51 MBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-RM212-SummaryJ.pdf概要430.08 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-RM212-SummaryE.pdfSummary241.71 kBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ