NISTEP Repository >
0  報告書 >
04 DISCUSSION PAPER >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/1158

タイトル: ノウハウ・営業秘密が企業のイノベーション成果に与える影響
その他のタイトル: Know-how Management and Innovation Performance
著者: 山内, 勇
古澤, 陽子
枝村, 一磨
米山, 茂美
発行日: 6-7月-2012
出版者: 科学技術政策研究所 第2研究グループ
資料の種類・番号/レポート番号: DISCUSSION PAPER;084
抄録: 本研究では、研究開発成果を保護する手段としての特許とノウハウ・営業秘密の重要性に着目し、それらがイノベーション成果に与える影響を分析した。 イノベーションの成果指標としては、(1)過去3 年間における、技術的新規性を持つ新製品・サービスの投入件数、(2)新製品を投入してからの利益期間の2 つを用い、それらの指標に対して、特許とノウハウ・営業秘密の保有量や両者の保有比率が与える影響を分析した。分析の結果、全体としては、特許の保有件数が多い企業ほど新製品の投入件数が多く、ノウハウの保有件数が多い企業ほど利益期間が長いことが明らかとなった。これらの結果は、新製品の投入には、特許権で技術を保護しつつその内容を公開することの効果が大きく、利益の獲得には、技術を秘匿することによる競争優位性の向上効果が大きいことを示唆している。また、特許とノウハウのバランスもイノベーション成果に重要な影響を与えていることが確認された。
URI: http://hdl.handle.net/11035/1158
出現コレクション:04 DISCUSSION PAPER

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-DP84-AbstractJ.pdf要旨297.46 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-DP84-FullJ.pdf報告書全文570.15 kBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ