NISTEP Repository >
0  報告書 >
03 調査資料 (Research Material) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/1165

タイトル: 我が国における人文・社会科学系博士課程修了者等の進路動向
その他のタイトル: Career Paths of Doctoral Graduates in the Humanities and Social Sciences in Japan
著者: 朴, 堯星
袰岩, 晶
茶山, 秀一
研究領域: 科学技術人材
発行日: 10-9月-2012
出版者: 科学技術政策研究所 第1調査研究グループ
資料の種類・番号/レポート番号: 調査資料;215
抄録: 本稿は、我が国における博士課程修了者等のうち、人文・社会科学分野を専攻していた博士課程修了者等の基本属性と進路動向を分析したものである。その主な特徴は、大学教員として就職する者の割合が約45%(専任およびその他を含む)と理系の19.7%に比べて高いことである。一方、博士課程修了直後にポストドクターとなった者のうちポストドクターの職に留まる者は博士課程修了から時間が経つにつれて減少し、5 年後には人文科学の場合15.1%、社会科学の場合9.3%になり、博士課程修了5 年後に専任の大学教員になった者はそれぞれ56.6%、74.4%まで増えている。これはポストドクターから専任の大学教員になるというアカデミックなキャリアパスが開かれていることを示している。ただし博士課程修了直後に大学の非常勤職等に就いた者は、博士課程修了から5 年後にもそれぞれ65.7%、46.1%が非常勤職等に留まっている。
URI: http://hdl.handle.net/11035/1165
出現コレクション:03 調査資料 (Research Material)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-RM215-AbstractJ.pdf要約276.46 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-RM215-FullJ.pdf報告書全文824.74 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-RM215-SummaryJ.pdf概要436.4 kBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ