NISTEP Repository >
0  報告書 >
01 NISTEP REPORT >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/1169

タイトル: 科学技術の状況に係る総合的意識調査(NISTEP定点調査2011)報告書
その他のタイトル: Analytical Report for 2011 NISTEP Expert Survey on Japanese S&T and Innovation System (2011 NISTEP TEITEN survey)
著者: 科学技術政策研究所
研究領域: データ・情報基盤
研究開発制度と科学技術システム
発行日: 30-8月-2012
出版者: 科学技術政策研究所
資料の種類・番号/レポート番号: NISTEP REPORT;150
抄録: 「科学技術の状況に係る総合的意識調査(以下、NISTEP定点調査)」は、研究費の使いやすさ、基礎研究の多様性など通常の研究開発統計からは把握しにくい、日本の科学技術やイノベーションの状況について、産学官の研究者や有識者への意識調査から明らかにすることを目的にした調査である。 本報告書で報告するNISTEP定点調査2011は、第4期科学技術基本計画期間中の2011年度~2015年度の5年間にわたって実施する調査の第1回目となる。ここで得られた結果は、第4期基本計画に基づく施策が開始されつつある時点の研究者や有識者の認識であり、2015年度まで継続して実施する定点調査の基準点となる。 新たな調査の開始に伴い、調査対象者や質問項目の見直しを行った。調査対象者については、大学や公的研究機関と民間企業の回答者の間の認識の違い、論文シェアによる大学グループ、大学部局分野などによる認識の違いを計測できるように抽出を行った。また、第4期科学技術基本計画において「科学技術とイノベーション政策」の一体的展開が基本方針の1つとして掲げられていることを踏まえ、イノベーション政策や活動についての質問を新たに追加した。
URI: http://hdl.handle.net/11035/1169
出現コレクション:01 NISTEP REPORT

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-NR150-AbstractJ.pdf要約589.74 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-NR150-FullJ.pdf報告書全文3.46 MBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-NR150-PressJ.pdf報道発表資料1 MBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ