NISTEP Repository >
0  報告書 >
03 調査資料 (Research Material) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/1177

タイトル: 博士課程修了者調査2011:我が国の博士課程における研究指導・教育に関する調査研究
著者: 加藤, 真紀
鐘ヶ江, 靖史
茶山, 秀一
研究領域: 科学技術人材
発行日: 25-12月-2012
出版者: 科学技術政策研究所
資料の種類・番号/レポート番号: 調査資料;217
抄録: 本報告書は、大学院博士課程での研究指導の実態や課題の把握を目的とし2011年度に59大学を対象に年2回実施した調査の結果を取りまとめたものである(回答者数2,636人、有効回答率21.9%)。まず組織的に複数の教員から博士論文作成の日常的な指導を受けた者は約7割であり、彼らは研究能力を身につけたと考える割合や、大学院における満足度が高いことが明らかとなった。次に、自然科学系では人文・社会系よりも指導教員が博士論文のテーマ決定に積極的に関わることが示された。博士論文のテーマ決定に学生が積極的に関わる場合に、研究能力を身につけたと考える割合が多く、論文テーマの決定に指導教員が積極的に関わる場合に、サービスとしての大学院の満足度を高く評価する学生の割合が多い。また大学院(修士・博士)の授業のうち履修して良かったと思う授業が6割以上を占めると回答した学生は3割以下に留まることが示された。
URI: http://hdl.handle.net/11035/1177
出現コレクション:03 調査資料 (Research Material)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-RM217-FullJ.pdf報告書全文3.53 MBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-RM217-AbstractJ.pdf要約 (Abstract)140.72 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-RM217-SummaryJ.pdf概要320.11 kBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ