NISTEP Repository >
0  報告書 >
04 DISCUSSION PAPER >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/1194

タイトル: 過去のデルファイ調査に見る研究開発のこれまでの方向性
著者: 横尾, 淑子
奥和田, 久美
発行日: 9月-2012
出版者: 科学技術政策研究所 科学技術動向研究センター
資料の種類・番号/レポート番号: DISCUSSION PAPER;086
抄録: 本研究では、1971 年から2010 年の40 年間に実施された「デルファイ調査」(科学技術発展の将来展望を専門家に問うアンケート)で取り上げられた「トピック」(実現が期待される科学技術等の記述)を対象として、我が国の研究開発の方向性変化の例証を試みた。 まず、トピック中で用いられた名詞の出現頻度の推移を見ることにより、専門家の注目点の変化を分析した。次いで、トピック設定から20 年後の実際の実現状況をもとに、トピック設定時の想定と実際の状況とのずれを分析した。 分析の結果、我が国の研究開発の方向性に関する専門家の考え方は、2000 年代後半から変化が生じ始め、社会との関係性を重視する方向に向かったことが明らかになった。また、1990 年代前半以降、専門家の見通し通りに予測が実現することが少なくなったこと、及び専門家の見通しがばらつくようになったことから、将来の変化を見通しにくくなったことが明らかになった。
URI: http://hdl.handle.net/11035/1194
出現コレクション:04 DISCUSSION PAPER

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-DP086-AbstractJ.pdf要旨90.02 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-DP086-FullJ.pdf報告書全文1.02 MBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ