NISTEP Repository >
0  報告書 >
03 調査資料 (Research Material) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/1197

タイトル: 持続可能な節電に関する調査 - デルファイ調査とシナリオ分析による将来展望-
その他のタイトル: Investigation of Sustainable Saving Electricity - new vista for the future by Delphi and Scenario survey -
著者: 科学技術動向研究センター
研究領域: 科学技術動向
科学技術予測・科学技術動向
科学技術と社会
発行日: 3月-2013
出版者: 科学技術政策研究所
資料の種類・番号/レポート番号: 調査資料;220
抄録: 文部科学省科学技術政策研究所では、持続可能な節電に関する調査を2011 年より実施している。東日本大震災を起因とする福島の原発事故以来、首都圏では大規模な節電を余儀なくされた。政府は産業界のみならず、一般家庭や在京大使館などにも節電を呼びかけ、その結果、心配された大規模停電にはいたらなかった。しかし、今後の継続的な節電に対し、機器の運用改善や勤務時間シフトなど、生活スタイルに関する継続的な対応については、特に産業界は抵抗感を示している。また我慢による対応では継続が難しい。そこで本報告書では、こうした節電に関する実状を把握し、かつ専門家による持続可能な節電についてディスカッションし、さらにデルファイ調査とシナリオ調査を通じて、持続可能な節電技術やシステムはどういうものか把握し、その結果を踏まえて持続可能な節電に関する未来への展望について検討した。
URI: http://hdl.handle.net/11035/1197
出現コレクション:03 調査資料 (Research Material)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-RM220-SummaryJ.pdf概要650.47 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-RM220-AbstractJ.pdf要約192.59 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-RM220-FullJ.pdf報告書全文14.64 MBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ