NISTEP Repository >
0  報告書 >
99 科学技術動向 (Science & Technology Trends) >
01 日本語版 >
2004年04月 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/1516

タイトル: 感染症研究の現状と方向性 ―分子レベルの感染・発症メカニズムの解明に向けて―
著者: 島田, 純子
Shimada, Junko
シマダ, ジュンコ
研究領域: 科学技術予測・科学技術動向
科学技術動向
発行日: 1-4月-2004
出版者: 科学技術政策研究所 科学技術動向研究センター
掲載誌情報: 科学技術動向. 2004, 037, p. 9-14.
資料の種類・番号/レポート番号: 科学技術動向;037
URI: http://hdl.handle.net/11035/1516
ISSN: 1349-3663
出現コレクション:2004年04月

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
NISTEP-STT037-9.pdf539.38 kBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ