NISTEP Repository >
0  報告書 >
04 DISCUSSION PAPER >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/2347

タイトル: 大学の論文生産に関するインプット・アウトプット分析 -Web of Scienceと科学技術研究調査を使った試み-
その他のタイトル: An analysis on the relationship between input and output in the production of articles in universities - An approach using Web of Science and Survey of R&D
研究領域: イノベーションと無形資産
科学計量学
発行日: 3月-2013
出版者: 科学技術政策研究所
資料の種類・番号/レポート番号: DISCUSSION PAPER;089
抄録: 本研究では、日本の大学の自然科学分野における論文生産活動について、Web of Science の論文データと科学技術研究調査の研究者数・研究費データを大学ごとに集計したパネルデータに、大学間の違いをみる回帰分析と大学内の時点間の違いをみる回帰分析を適用し、研究者数・研究費(インプット)と論文数(アウトプット)の関係の検証を試みた。全分析対象を大学間の違いでみた場合、研究者数と研究費をより多く有する大学は、より多くの論文を生み出していることが確認された。大学内の時点間の違いでみた場合、教員数、自己資金(内部使用)、人件費が論文数と正の相関をもった。大学内の時点間の違いについて、国立大学と私立大学で分けてみると、国立大学では教員数が、私立大学では自己資金(内部使用)、人件費、人件費以外の研究費が、それぞれ論文数とロバストな正の相関をもった。また、国立大学と私立大学ともに、外部受入研究費(内部使用)と論文数の間に弱い正の相関がみられた。
URI: http://hdl.handle.net/11035/2347
出現コレクション:04 DISCUSSION PAPER

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-DP89-AbstractJ.pdf要旨89.66 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-DP89-FullJ.pdf報告書全文1.09 MBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ