NISTEP Repository >
0  報告書 >
07 講演録 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/2387

タイトル: 国際熱核融合実験炉(ITER)を語る
著者: 池田, 要
発行日: 6月-2013
出版者: 科学技術政策研究所
資料の種類・番号/レポート番号: 講演録;295
抄録: 国際熱核融合実験炉(ITER)は、日本、欧州連合、露及び米国により1985 年に核融合エネルギー開発の国際協力として発足した。2001 年には工学設計を基に50 万キロワットのプラント建設に向けて動き出し、中国、韓国そしてインドも加わり、2005 年には国際協定の下に、南フランスのカダラッシュに建設することが決まった。 池田氏は初代ITER 機構長として、カダラッシュに赴任し、協定に基づく国際機関としてITER機構を立ち上げた。ITER 建設への着手には、ITER 機構の組織作りをはじめ、プラントの技術的仕様の検討、建設スケジュールや費用の見積もりの作成などの建設の基盤となる整備を進めるほか、各極機関との役割分担など、国際共同プロジェクト全体のマネジメントを行った。 また、プラントの建設のみならず、道路の拡幅などのインフラ整備や、ITER で働く研究者等の家族や子どもたちのため、教育委員会や市町村などと交渉し、国際学校を早期開設に導いた。
URI: http://hdl.handle.net/11035/2387
出現コレクション:07 講演録

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-LT295-FullJ.pdf4.45 MBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ