NISTEP Repository >
0  報告書 >
03 調査資料 (Research Material) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/2406

タイトル: 日本人のノーベル賞受賞が国民の科学技術に関する意識に与える影響 -2012年のノーベル医学生理学賞受賞の影響-
著者: 早川, 雄司
茶山, 秀一
研究領域: 科学技術と社会
発行日: 7月-2013
出版者: 科学技術政策研究所
資料の種類・番号/レポート番号: 調査資料;222
抄録: 2012年10月8日、スウェーデンのカロリンスカ研究所は、京都大学の山中伸弥教授に2012年のノーベル医学生理学賞を授与することを発表した。本調査は、日本人によるノーベル医学生理学賞受賞が国民の科学技術に関連する意識に与えた影響について把握するため、2012年11月、2013年1月及び3月にインターネット調査を実施した。その結果、国民、特に女性の科学技術の話題に対する関心や子どもの研究者の仕事に対する関心などの高まりが見られた。
URI: http://hdl.handle.net/11035/2406
出現コレクション:03 調査資料 (Research Material)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-RM222-AbstractJ.pdf要約174.09 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-RM222-SummaryJ.pdf概要453.93 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-RM222-FullJ.pdf報告書全文1.28 MBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ