NISTEP Repository >
0  報告書 >
04 DISCUSSION PAPER >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/2419

タイトル: 拡張産業連関表による再生可能エネルギー発電施設建設の経済・環境への波及効果分析
著者: 科学技術動向研究センター
研究領域: 政策のための科学; 研究開発投資の経済・社会へのインパクト
発行日: 8月-2013
出版者: 科学技術・学術政策研究所
資料の種類・番号/レポート番号: DISCUSSION PAPER;096
抄録: 本調査研究では、科学技術イノベーション政策を実施する際のエビデンスを提供するための、政府研究開発投資による経済的・社会的な効果を定量的に分析する手法の構築を目的とする。本稿では、科学技術イノベーションによって創出される将来の新産業の経済・環境への波及効果を推計するための手法を検討した。新産業として、将来の成長が期待される再生可能エネルギーを取り上げ、産業連関分析を用いて再生可能エネルギー発電施設建設による生産誘発額、雇用誘発数、エネルギー消費量、CO2排出量の直接効果と間接効果を推計した。推計結果から、雇用誘発数は直接効果に対して間接効果が小さく、反対に、エネルギー消費量とCO2 排出量は直接効果に対して間接効果の大きいことが示された。産業部門別の分析から、直接効果、あるいは、間接効果の大きな部門を特定することができ、発電施設建設の費用やエネルギー消費量、CO2 排出量を削減するための研究開発への示唆が得られた。さらに、経済・環境への波及効果を多面的に分析することにより、国内における雇用の視点にも留意しながら発電施設建設の費用やエネルギー消費量、CO2 排出量を削減する研究開発の方向性を示した。
URI: http://hdl.handle.net/11035/2419
出現コレクション:04 DISCUSSION PAPER

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-DP096-FullJ.pdf報告書全文788.93 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-DP096-AbstractJ.pdf要旨95 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-DP096-SummaryJ.pdf概要612.73 kBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ