NISTEP Repository >
0  報告書 >
04 DISCUSSION PAPER >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/2450

タイトル: 科学研究への若手研究者の参加と貢献 ―日米の科学者を対象とした大規模調査を用いた実証研究―
著者: 伊神, 正貫
長岡, 貞男
John P., Walsh
研究領域: 科学技術指標・科学計量学; 科学技術指標
発行日: 11月-2013
出版者: 科学技術・学術政策研究所
資料の種類・番号/レポート番号: DISCUSSION PAPER;103
抄録: 科学研究において、研究チームをどのように構成し、マネジメントするかが、重要な課題となっている。本調査研究では、日米の科学者に対する科学における知識生産についての大規模調査の結果を用いて、科学研究への若手研究者(ポストドクターや学生)の参加と貢献を分析した。 研究チームの詳細な分析から、日本では約7割、米国では約8割の研究チームに、少なくとも1名の若手研究者が参加していることが明らかになった。また、著者全体に比べて、筆頭著者における若手研究者の割合が高いことが示された。 研究チームへのポストドクターの参加割合は、国際化している研究チームや最先端の研究を実施している研究チームにおいて高くなる。また、ポストドクターの参加は、研究プロジェクトの規模や研究チームの国際化の度合を制御しても、被引用数などでみた研究のパフォーマンスと正の相関を持つことも明らかになった。 これらの結果は、科学研究において若手研究者は欠くことのできない存在であるとともに、科学研究に大きな貢献をしていることを示している。
URI: http://hdl.handle.net/11035/2450
出現コレクション:04 DISCUSSION PAPER

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-DP103-AbstractJ.pdf要旨535.7 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-DP103-SummaryJ.pdf概要792.8 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-DP103-FullJ.pdf全文1.94 MBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ