NISTEP Repository >
0  報告書 >
04 DISCUSSION PAPER >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/2465

タイトル: 日本企業の海外現地法人における研究開発活動
著者: 米山, 茂美
岩田, 智
浅川, 和宏
篠崎, 香織
発行日: 10月-2013
出版者: 科学技術・学術政策研究所
資料の種類・番号/レポート番号: DISCUSSION PAPER;098
抄録: 本報告書では、日本企業の海外現地法人へのアンケート調査に基づいて、海外現地法人での研究開発への取り組みの実態を、現地での研究開発活動の目的や内容、研究開発費や研究開発者の動向、研究開発マネジメントの特徴、親会社及び現地の企業・大学等との研究開発連携、さらに親会社との間での知識・情報の移転・活用の状況等の観点から明らかにし、現地での研究開発成果を規定する要因や、親会社の研究開発活動への影響等について考察した。 分析結果からは、現地法人における研究開発活動の実態が詳細に確認されたほか、現地での研究開発成果を高めるうえで、親会社との間の自立性と依存性のバランスからなる「つかず離れず」の距離の設計が重要となること、現地での研究開発成果を高めるための親会社との距離のあり方と親会社の研究開発活動への貢献度を高めるための距離のあり方との間には相反的な関係が あり、そうした相反関係を意識した管理が重要な実務上の課題となることが示された。また、現地法人による現地の経済・社会情報の収集は、技術情報や市場顧客情報の収集とともに現地での研究開発成果と親会社の研究開発活動への貢献度を高めるうえで重要であるものの、こうした情報収集は必ずしも十分に行われていないこと、現地法人が現地で獲得した知識情報を親会社に移転し、そこでの研究開発活動に貢献するために、移転のための組織や情報システムの整備、移転に際した加工・投資が大きな意味を持つが、その対応は不十分であることが確認された。これらについて、企業としてのさらなる対応が求められる一方で、政策的な支援の可能性の検討が必要となりうる点が指摘された。 The purpose of this paper is to clarify the reality of R&D activities of the Japanese overseas affiliated companies, and to explore the factors that affect the R&D performance of the companies as well as those influence the R&D activities of the their parent companies. The research results from a questionnaire survey revealed in detail the present state of R&D activities of overseas affiliated companies. Based on the findings, the paper argued that the R&D performance in the host location is determined by the reasonable distance between overseas affiliated company and its parent, with a right balance of autonomy and dependency in the relationship with the parent company, and that the management for enhancing the R&D performance in the host location can be different from, even conflicting with, that for contributing to the effectiveness of the R&D activities in the home and, therefore, the management to reconcile such tradeoff would be needed. Also, it was found that the degree of collecting economic and social information in the host location had significant positive relation to the R&D performance in the host location as well as the contribution to R&D activities in the home, but overseas affiliated companies were not always active in collecting such information. Likely, establishing special organization and information systems for knowledge transfer from overseas site to the parent was verified to be important to accelerate R&D activities of the parent company, but the effort was not necessarily done enough. Concerning these points, some managerial and political issues for promoting overseas R&D activities were discussed.
URI: http://hdl.handle.net/11035/2465
出現コレクション:04 DISCUSSION PAPER

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-DP98-AbstractJ.pdf要旨324.84 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-DP98-SummaryJ.pdf概要720.75 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-DP98-FullJ.pdf報告書全文1.57 MBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ