NISTEP Repository >
0  報告書 >
04 DISCUSSION PAPER >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/2466

タイトル: How enterprise strategies are related to innovation and productivity change: An empirical study of Japanese manufacturing firms
著者: 馬奈木, 俊介
枝村, 一磨
福澤, 尚美
古澤, 陽子
隅藏, 康一
研究領域: 政策のための科学; 研究開発投資の経済・社会へのインパクト
発行日: 11月-2013
出版者: 科学技術・学術政策研究所
資料の種類・番号/レポート番号: DISCUSSION PAPER;102
抄録: 本稿では日本の1,174 社のイノベーションや生産性の改善に関する戦略的マネジメントの要素に関するデータを使用して、全要素生産性 (Total factor productivity)について分析している。その結果、製品に関する知識やノウハウの保護やマネジメントを重視する企業は生産性を増加させることが分かった。さらに、生産性のフロンティアに到達する企業は、製品に関する知識やノウハウの保護やマネジメントを重視する傾向にあることが明らかになった。 This study analyzes the total factor productivity of 1,174 Japanese firms. This study uses R&D strategy data to determine which factors of strategic management relate to improvements in innovation and productivity. Our results show that the protection and management of production knowledge and expertise is related to an increase in productivity. We also report that the protection and management of production knowledge and expertise is a valid method of increasing global technological change.
URI: http://hdl.handle.net/11035/2466
出現コレクション:04 DISCUSSION PAPER

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-DP102-AbstractJ.pdf要旨313.3 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-DP102-SummaryJ.pdf概要497.98 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-DP102-FullJ.pdfFull Text659.9 kBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ