NISTEP Repository >
0  報告書 >
99 科学技術動向 (Science & Technology Trends) >
01 日本語版 >
2014年01-02月 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/2474

タイトル: 技術文書に見るインターネット要素技術の動向
著者: 藤井, 章博
研究領域: 科学技術予測・科学技術動向
科学技術動向
発行日: 1月-2014
出版者: 科学技術・学術政策研究所 科学技術動向研究センター
掲載誌情報: 科学技術動向. 2014, 142, p. 19-24.
資料の種類・番号/レポート番号: 科学技術動向;142
抄録:  インターネット技術分野におけるRFC(Request for Comments)は、通信のための装置類に関する技術仕様やその運用方法などを定めた技術文書である。これを利用してインターネット関連技術のイノベーションに関する計量書誌学的考察を試みる。まず、RFC の年次採択数の変化を分析し、インターネット発達史上のイベントが採択数に反映していることを確認した。具体的に幾つかの要素技術を取り上げ、その要素技術の注目度合を文書の採択数により計測した。例えば、「OSI(開放型システム間相互接続)」や「ATM(非同期伝送モード)」など80 年代から90 年代にかけて注目を集めたにもかかわらずその後進展しなかった技術の推移が確認でき、議論の盛り上がりと収束が観察できる。また、最近のRFC の分析結果からは、セキュリティ分野の技術および通信トラフィック量の増大への対処技術に関する検討が増大している。現在でもイノベーションを生み出す努力が続けられていることがよく観察でき、特許や論文同様、インターネット技術に関する計量書誌学的分析の対象として有効であることが分かった。
URI: http://hdl.handle.net/11035/2474
ISSN: 1349-3663
2014年1・2月号
出現コレクション:2014年01-02月

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-STT142-19.pdf673.56 kBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ