NISTEP Repository >
0  報告書 >
99 科学技術動向 (Science & Technology Trends) >
01 日本語版 >
2014年01-02月 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/2476

タイトル: 2013年の世界の宇宙開発動向
著者: 辻野, 照久
研究領域: 科学技術予測・科学技術動向
科学技術動向
発行日: 1月-2014
出版者: 科学技術・学術政策研究所 科学技術動向研究センター
掲載誌情報: 科学技術動向. 2014, 142, p. 32-39.
資料の種類・番号/レポート番号: 科学技術動向;142
抄録:  2013 年は全世界で合計81 回のロケット打上げがあり、通信放送衛星、地球観測衛星、航行測位衛星、宇宙科学衛星(月惑星探査機を含む)、有人宇宙船など32 カ国3 機関より計208 機の衛星が軌道に投入された。2013 年には、韓国初の独自ロケットの打上げ成功、日本と中国それぞれの新型全段固体燃料ロケットの打上げ成功、欧州の新型通信衛星の開発、インドの火星探査機及び航行測位衛星、中国の月着陸機及び月ローバ、米国や新興国の大量の超小型衛星、米国の新たな物資輸送船の登場などの新しい動きがあった。  衛星打上げは全般的に順調に行われ、国際宇宙ステーション(ISS)の運用もほぼ計画通り進められた。  ISS に参加していない中国は、2020 年頃までに独自の宇宙ステーションの構築を計画しており、2013 年は有人宇宙船「神舟10 号」と軌道上のドッキングターゲット「天宮1 号」とのドッキングを成功させ、有人飛行実績を着実に積み重ねた。2014 年も宇宙開発利用に参加する国が増加していくと見込まれる。
URI: http://hdl.handle.net/11035/2476
ISSN: 1349-3663
2014年1・2月号
出現コレクション:2014年01-02月

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-STT142-32.pdf1.27 MBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ