NISTEP Repository >
0  報告書 >
03 調査資料 (Research Material) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/2928

タイトル: 健康長寿社会の実現に向けた疾病の予知予防・診断・治療技術の俯瞰 ―生活習慣病(2型糖尿病)を対象として―
著者: 重茂, 浩美
小笠原, 敦
研究領域: 科学技術予測・科学技術動向; 科学技術予測
発行日: 5月-2014
出版者: 科学技術・学術政策研究所
資料の種類・番号/レポート番号: 調査資料;227
抄録: 本調査研究は、将来を俯瞰する科学技術シナリオプランニングの一環として実施したものであり、我が国が健康長寿社会を目指す上での解決すべき課題として2 型糖尿病の克服を掲げ、それに向けた予知予防・診断・治療に関する技術を体系化した。 まず、文献等の調査と2型糖尿病に関する専門家ワークショップでの議論に基づき、2型糖尿病を克服するための技術について病態ステージや予知予防・診断・治療の観点から整理し、技術マップとしてまとめた。次に、技術マップに基づいて、2030 年前後までの医薬、医療機器、再生医療に関する技術の変化を想定した11 の技術シナリオを作成した。それらの技術シナリオ間において、技術適用範囲、技術的実現時期・社会実装実現時期や産業的・医療的波及の大きさの観点からインパクトの相対比較を行い、予知診断マーカーに関するシナリオ、イメージング検査に関するシナリオ、再生医療に関するシナリオが他のシナリオよりインパクトが大きいという結果を得た。さらに、技術マップや技術シナリオで取り上げた技術の研究開発や実用化を今後進める上での課題を検討し、我が国において今後特に重要となる11 つの課題を抽出した。
URI: http://hdl.handle.net/11035/2928
出現コレクション:03 調査資料 (Research Material)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-RM227-FullJ.pdf報告書全文27.29 MBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ