NISTEP Repository >
0  報告書 >
05 NISTEP NOTE(政策のための科学) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/2934

タイトル: 科学技術イノベーション政策における政策データの利用を通じた新たな政策形成と政策研究のあり方に関する調査研究
研究領域: データ・情報基盤
発行日: 7月-2014
出版者: 科学技術・学術政策研究所
資料の種類・番号/レポート番号: NISTEP NOTE(政策のための科学);012
抄録: 当研究所は2011~2012年度において、過去数十年にわたる科学技術政策にかかる資源配分の状況(科学技術関係経費の予算データ)と、重要施策(科学技術白書の記載項目数千件)について、網羅的に整理し、俯瞰できるようにデータベースを整備した。 本調査研究では、科学技術イノベーション政策に関係する政策担当者、研究者等を参加者としたワークショップを開催し、同データベースの活用方法を含め政策データの整理及び利用のあり方についての議論を行った。議論からは、過去の政策のデータを今後の政策立案に活かそうとするなら当時における政策上のコンテクストが必要、データベースとしては公表データの集積と解釈を含めた分析の二層化が望ましい、等の示唆が得られた。 また、関係行政機関等における予算や施策を始めとする、科学技術イノベーション政策に関連するデータの整理及び公開について、国内の関係府省、国際機関(OECD、EU)、米(OSTP,AAAS)、英等の動向を文献、ウェブ等により調査した。 NISTEP created a database on resource allocation (budget on science and technology) and important activities (thousands articles from white paper on science and technology) in FY2011-12, in which data was collected in the past decades. The database aims at organizing and overviewing data on science, technology and innovation (STI). In the study, NISTEP held a workshop with policy makers and policy researchers on STI policy to discuss issues on organization and utilization of policy data, including the NISTEP’s database. We gained some insights from the discussion such as the necessity for future policy formulation to research policy context in the past, data sets composed both of published fact data, data explanation from the standpoint of policy makers. As another theme, we surveyed existing databases on STI policy, such as government’s budget on science and technology and governmental activities, both within and outside Japan. We put some databases together in the report, from the Japan’s ministries, the international organizations (OECD, EU), the US institutes (OSTP, AAAS), the UK institutes and so on.
URI: http://hdl.handle.net/11035/2934
出現コレクション:05 NISTEP NOTE(政策のための科学)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-NN012-FullJ.pdf報告書全文2.27 MBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ