NISTEP Repository >
0  報告書 >
03 調査資料 (Research Material) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/2979

タイトル: 博士人材データベースの設計と活用の在り方に関する検討
その他のタイトル: A Study on Design and Utilization of a Database of Doctoral Recipients
著者: 篠田, 裕美
小林, 淑恵
渡辺, その子
研究領域: 科学技術人材
発行日: 9月-2014
出版者: 科学技術・学術政策研究所
資料の種類・番号/レポート番号: 調査資料;231
抄録:  文部科学省 科学技術・学術政策研究所では、科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」のデータ・情報基盤構築事業の一環として、博士人材データベースの構築を進めている。博士人材データベースは、高度専門人材である博士課程修了者の状況を継続的に把握することを可能とし、人材育成に関する政策形成や政策研究への活用、更には、博士課程進学を検討する者にとって有益な情報が得られる、大学及び関係機関のための共通情報プラットフォームである。グローバル社会の中で我が国が持続的な発展を遂げるためには、科学技術によるイノベーションの促進が必須であり、「博士人材」はその中心を担うことが期待されている。これまで限定的であった博士課程修了後の進路情報の継時的・体系的な分析を可能とする博士人材データベースの構築と、本システムを利用したパネル(追跡)調査の実施により、社会全体における高度専門人材の活躍状況を把握し、政策に反映する体制が整うことが期待される。本報告書では、2011年度より開始し、試運用の段階へと進んだ博士人材データベースの設計と活用の在り方について議論する。The National Institute of Science and Technology Policy (NISTEP) has been working to construct a database of doctoral recipients who graduated from universities in Japan, as one of the projects of Data/Information Infrastructure in a program called Science for Re-designing Science, Technology and Innovation Policy (SciREX). This database is to be a common platform for universities and other related institutions to collect information about various career-paths of doctoral graduates after their graduation. It should serve as a useful information resource for those who are engaged in policy-making related to research and development in science and technology and for those who are interested in taking Ph. D. courses in Japan.Doctoral recipients are thought to assume a central role in promoting innovation with science and technology to achieve sustainable development of Japan in the era of globalization, however, currently there is limited information on their career-paths. By completing this database and carrying out panel research with it, it is expected to make a fundamental system for systematic and continuous analyses on career-paths of doctoral graduates. There are hopes that this system will reveal the huge impact of highly skilled personnel in our society and make it possible to reflect the analytical results in the government’s science and technology policies. This report discusses the design and utilization of this database, which was launched in fiscal 2011 and has progressed to the phase of a pilot study.
URI: http://hdl.handle.net/11035/2979
出現コレクション:03 調査資料 (Research Material)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-RM231-AbstractJ.pdf要旨94.76 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-RM231-SummaryJ.pdf概要501.92 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-RM231-FullJ.pdf報告書全文6.37 MBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ