NISTEP Repository >
0  報告書 >
03 調査資料 (Research Material) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/2997

タイトル: ポストドクター等の雇用・進路に関する調査 ―大学・公的研究機関への全数調査(2012年度実績)-
その他のタイトル: Survey on Postdoctoral Fellows Regarding Employment and Careers: Complete Survey on Universities and Public Research Institutes in Japan (FY2012 Data)
著者: 篠田, 裕美
小林, 淑恵
岡本, 拓也
研究領域: 科学技術人材
発行日: 12月-2014
出版者: 科学技術・学術政策研究所
資料の種類・番号/レポート番号: 調査資料;232
抄録: 我が国のポストドクター等の雇用の現状と進路状況を明らかにすることを目的として、日本国内の大学・公的研究機関 1,517機関に対し、2012年度におけるポストドクター等の雇用・進路に関する調査を実施した。1,513機関より回答を取得し、本調査の回収率は99.7%である。 2012年11月に在籍していたポストドクター等の総数は14,175人であり、前回調査において2009年11月に在籍していたポストドクター等の総数15,220人と比較すると、約1,000人の減少である。特に、若い年齢層の日本人男性のポストドクター等の総数の減少が著しく、全体として女性比率と平均年齢は上昇している。また、分野内訳を見ると、理学のポストドクター等は増加し、工学のポストドクター等が減少している。 2012年11月に在籍していたポストドクター等のうち、2013年4月1日の時点でポストドクター等として職種を継続している者の割合は、2009年度調査と比較すると上昇している。ポストドクター等から職種変更した者のうち、大学教員となった者が2009年度と同様に約6割を占める一方、非研究開発職に就いた者の割合が上昇しており、ポストドクター等からのキャリアパスの多様化が伺われる。We conducted a survey on universities and public research institutes in Japan to reveal trends in employment and career paths of postdoctoral fellows in fiscal year 2012. Out of 1,517 institutions, 1,513 replied to this survey and the valid response rate was 99.7%. In this survey, the number of postdoctoral fellows was 14,175 as of November 2012, down approximately 1,000 postdoctoral fellows compared with the previous survey in November 2009, in which the number of postdoctoral fellows was 15,220. In particular, the total number of Japanese male postdoctoral fellows significantly decreased, and the overall trend was a rise in both the ratio of female postdoctoral fellows and the average age of postdoctoral fellows. Looking at research fields sectorally, the number of postdoctoral fellows increased in the field of natural sciences and decreased in the field of engineering. The rate of postdoctoral fellows who continued working as postdoctoral fellows as of April 1, 2013 increased compared with that of the previous study in FY2009. Among those who changed occupation as of April 1, 2013, about 60%, the same as in the previous study in FY2009, became university faculty members. On the other hand, the ratio of those who changed occupation to non-research jobs increased, which suggests that postdoctoral career paths have diversified.
URI: http://hdl.handle.net/11035/2997
出現コレクション:03 調査資料 (Research Material)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-RM232-AbstractJ.pdf要旨91.68 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-RM232-SummaryJ.pdf概要255.42 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-RM232-FullJ.pdf報告書全文1 MBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ