NISTEP Repository >
0  報告書 >
05 NISTEP NOTE(政策のための科学) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/3010

タイトル: データ・情報基盤の活用に関するワークショップ~政策形成を支えるエビデンスの充実に向けて~ (開催結果)
その他のタイトル: Workshop on utilization of data/information infrastructure –Towards enhancement of evidence to support policy formation– (Results)
著者: 科学技術・学術基盤調査研究室
研究領域: データ・情報基盤
発行日: 2月-2015
出版者: 科学技術・学術政策研究所
資料の種類・番号/レポート番号: NISTEP NOTE(政策のための科学);014
抄録: 「科学技術イノベーション政策における『政策のための科学』」推進事業の一環として、科学技術・学術政策研究所では「データ・情報基盤の構築」を進めている。データ・情報基盤の有効な活用を促進するために、本ワークショップを開催し、研究者による先駆的な利用の状況を紹介するとともに、今後の活用可能性について議論した。 論文、特許の生産性の議論が重要な論点であり、特許の大企業集中や発明者の移動など踏み込んだ研究成果の発表が行われた。また、発明者ID等により個別研究者を追跡することの重要性も議論された。さらに、政策担当者が政策の背景となる論理を明確化するとともに、政策研究者も仮説設定の段階から政策担当者間の議論を意識して研究テーマを設定すべきとの指摘がなされるなど、政策担当者と政策研究者相互の意見交換も行われた。As part of the Science for RE-designing Science, Technology, and Innovation Policy (SciREX) project, the National Institute of Science and Technology Policy (NISTEP) is building data/information infrastructure. NISTEP held this workshop to promote the effective utilization of data/information infrastructure. The state of pioneering use by researchers was presented, and the future possibilities of utilization were discussed. Productivity in terms of papers and patents is an important point of discussion. Research findings delving into the concentration of patents at large corporations and the movement of inventors were presented. The importance of tracking individual researchers through inventor IDs and so on was also discussed. Additionally, policymakers and policy researchers exchanged ideas, such as the need for policymakers to make clear the logic behind their policies and the need for policy researchers to be aware of debates among policymakers from the hypothesis setting stage when deciding on research topics.
URI: http://hdl.handle.net/11035/3010
出現コレクション:05 NISTEP NOTE(政策のための科学)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-NN14-FullJ.pdf報告書全文501.31 kBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ