NISTEP Repository >
0  報告書 >
04 DISCUSSION PAPER >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/3016

タイトル: 地域大学発技術シーズの実用化プロセスに関する調査研究
その他のタイトル: Study on the Commercialisation Process of Regional University’s Knowledge
著者: 野澤, 一博
研究領域: 科学技術システム;産学官連携と大学発ベンチャー
発行日: 2月-2015
出版者: 科学技術・学術政策研究所
資料の種類・番号/レポート番号: DISCUSSION PAPER;112
抄録: 本調査研究では、地域イノベーションの特徴と課題を抽出するために、地域大学にある技術シーズの実用化に至る産学官連携のプロセスを検証した。事例として弘前大学のプロテオグリカンと香川大学の希少糖の実用化の取組を取り上げ比較分析した。 これら事例の特徴としては、行政の積極的・継続的関与により県内で産学官連携体制が構築されていたが、県外企業の関与によりイノベーションが加速されており、イノベーションの価値連鎖は県内で完結していなかった。 これら事例の課題として、イノベーションから地域活性化への連鎖、イノベーションの活動と政策における空間の不一致があげられる。含意としては、地域の伝統と特徴に基づいた独自性のある研究開発の振興、イノベーションの創出を優先させる取組の制度的支援とイノベーションの促進と地域への波及効果を考えたパートナー企業の選定が挙げられる。
URI: http://hdl.handle.net/11035/3016
出現コレクション:04 DISCUSSION PAPER

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-DP112-AbstractJ.pdf要旨205.5 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-DP112-SummaryJ.pdf概要477.81 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-DP112-FullJ.pdf報告書全文2.58 MBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ