NISTEP Repository >
0  報告書 >
04 DISCUSSION PAPER >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/3047

タイトル: スーパーサイエンスハイスクール事業の俯瞰と効果の検証
その他のタイトル: Overview and Verification of Effect of Super Science High School
著者: 小林, 淑恵
小野, まどか
荒木, 宏子
研究領域: 科学技術人材
発行日: 3月-2015
出版者: 科学技術・学術政策研究所
資料の種類・番号/レポート番号: DISCUSSION PAPER;117
抄録:  本研究では、次世代科学技術人材育成施策として、平成14年度から13年間にわたり実施されているスーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業について取り上げ、まず事業全体を俯瞰し、事業の経緯や変遷、SSH指定校の変化等から、包括的な全体像をエビデンスベースで示すことを試みた。次にSSH事業の主要な目的のうち、学習指導要領によらない新たな教育プログラムの開発、すなわち「研究開発」という目的と、将来のイノベーション創出を担う、「科学技術人材育成」という目的の二つについて、主観的な意識変数による検証と、客観的な教育達成度指標の一つである理系大学進学率等を用いた統計的検証を試みた。その結果、(1)SSH校の理系進学率は全国平均に比べ、2~3倍程度高い。(2)都市部のSSH校に比べ、地方のSSH校の国公理系進学率が高い。(3) SSH事業に関与している教員比率が高いSSH校では、理系進学率が高い。(4) 学習指導要領によらない教科内容を積極的に実施する学校では、国公理系進学率が低い傾向がある、などが観察された。SSH事業の拡大とともに、指定校の特性も変化し教育目標の多様化が進む中、各校の取組によって向上した生徒の多様な学力を、大学入試で評価できるような仕組みが求められるとも言える。また、このような効果をより正確に測定できるようにするため、多様な教育達成度の指標を含む、卒業生の追跡調査等が今後必要であることを指摘している。In this study, we analyze Super Science High School (SSH) project covered for 13 years from FY 2002 as a part of the next generation science and technology human resources (HR) development policy. First of all, we provide a project overview, such as details of SSH, transition, and change in the SSH with the evidence base. Next, we conduct statistical analysis on the following two purposes of SSH, "pilot school for research purposes" developing of new educational program that does not depend on teaching guidelines, and "science and technology human resources development" for the innovation creation. As a result, we found the following four observations. (1) The rate of students receiving higher education for natural science for SSH is about 2-3 times higher than that of the national average. (2)  The rate of students entering national/public universities for natural science for local SSH is higher than that of urban SSH. (3) In SSH where the ratio of teachers participating in SSH is high, so does the rate of natural science advancement . (4) In SSH where actively adopt the lesson content that did not comply the teaching guidelines, the science course advancement rate of national/public universities are lower. As the SSH project has been expanded/diversified, so does the characteristic of SSH schools. Therefore, it is necessary for universities to create the enrolling mechanism to evaluate students’ achievement acquired by progressive educational system such as SSH. Moreover, graduates’ follow-up surveys to accurately assess such effects are required, including indices of various educational achievement levels.
URI: http://hdl.handle.net/11035/3047
出現コレクション:04 DISCUSSION PAPER

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-DP117-AbstractJ.pdf要旨97.96 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-DP117-SummaryJ.pdf概要256.78 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-DP117-FullJ.pdf報告書全文6.36 MBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ