NISTEP Repository >
0  報告書 >
04 DISCUSSION PAPER >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/495

タイトル: 受賞研究におけるコミュニケーションと研究成果について
その他のタイトル: Communication and Research Outcome in Prize-Winnlng Research
著者: 額賀, 淑郎
研究領域: 研究開発マネジメント
科学技術と社会
発行日: 9月-2011
出版者: 科学技術政策研究所 第2調査研究グループ
資料の種類・番号/レポート番号: DISCUSSION PAPER;079
抄録: 本研究の目的は、科学技術分野の文部科学大臣表彰等の受賞研究の現状を明らかにし、研究者のコミュニケーションと研究成果とのつながりを分析することである。アンケート調査の結果では、まず、受賞研究のアイデアを出すために「これまでの自分の研究」を情報源として、大学院のトレーニングが役に立ったとみなす回答者が多かった。次に、大学の理学工学領域において、研究者とチームに所属しない研究者とのコミュニケーション(以下「ノンチーム対面コミュニケーション」)回数は、研究成果と相関があった。特に、研究代表者のノンチーム対面コミュニケーション回数が多い場合、外国語論文数が多い比率は高かった。また、研究代表者のノンチーム対面コミュニケーション回数が多い場合、研究成果(論文等)が実用化につながった比率は高かった。
URI: http://hdl.handle.net/11035/495
出現コレクション:04 DISCUSSION PAPER

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-DP079-FullJ.pdf報告書全文6.42 MBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-DP079-AbstractJ.pdf要旨52.41 kBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ