NISTEP Repository >
0  報告書 >
04 DISCUSSION PAPER >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/497

タイトル: 減少する大学教員の研究時間 -「大学等におけるフルタイム換算データに関する調査」による 2002 年と 2008 年の比較-
その他のタイトル: Shrinking Research Time for University Faculty Members Comparison of 2002 and 2008 in the Survey on Full-Time Equivalents at Universities
著者: 神田, 由美子
桑原, 輝隆
研究領域: 科学技術システム
研究開発制度と科学技術システム
科学技術指標・科学計量学
科学技術指標
科学技術人材
発行日: 12月-2011
出版者: 科学技術政策研究所 科学技術基盤調査研究室
資料の種類・番号/レポート番号: DISCUSSION PAPER;080
抄録: 本研究は、大学の個性化、機能分化が求められる状況下で、大学学部教員の研究活動にはどのような変化が起きているのかを考察することを目的としている。そのため、文部科学省が実施した「大学等におけるフルタイム換算データに関する調査(FTE調査)」の個票データを用いて、大学学部教員の活動を、大きく「研究」、「教育」、「社会サービス」、「その他」の4つに分類し、国・公・私立大学別、専門分野別及び論文数シェアによる大学グループ別といった点に着目して分析を試みた。2002年の調査時、全大学学部での研究時間割合は47.5%と職務時間全体の約半分を占めていたが、2008年調査では36.1%と、11.4ポイント減少した。このような研究時間割合の減少は、教育時間、及び社会サービス時間割合の増加によるところが大きい。国立大学や論文数シェアが大きい大学群では、研究時間の減少が抑えられているが、私立大学や論文数シェアが小さい大学群では研究時間の減少が著しくなっている。一方で、教育時間割合の増加は主に私立大学や論文数シェアが小さい大学群で起こっており、社会サービス時間割合の増加は主に公立大学や論文数シェアが中間層にある大学群で起こっている。
URI: http://hdl.handle.net/11035/497
出現コレクション:04 DISCUSSION PAPER

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-DP080-AbstractJ.pdf要旨658.01 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-DP080-PressJ.pdf報道発表資料211.73 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-DP080-FullJ.pdf報告書全文1.66 MBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ