NISTEP Repository >
0  報告書 >
04 DISCUSSION PAPER >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/499

タイトル: 世界における我が国の健康栄養関連研究の状況と課題 ~論文を用いた国別・機関別ランキングによる分析~
その他のタイトル: The Japanese Situation and Subjects of Health and Nutrition-related Research in the World: Country and Agency Rankings in Article Production
著者: 勝野, 美江
佐々木, 敏
研究領域: 科学技術システム
研究開発制度と科学技術システム
科学技術指標・科学計量学
科学計量学
発行日: 12月-2010
出版者: 科学技術政策研究所 第3調査研究グループ
資料の種類・番号/レポート番号: DISCUSSION PAPER;072
抄録: 目的:世界の健康栄養関連研究の状況を把握・分析して、日本の人間栄養学の研究基盤づくりの検討の一助とする。方法:論文データベース(Scopus)を使って、19ジャーナルを抽出し、これらジャーナルに2005~2009年に掲載されたArticleのうち、ヒト研究による栄養関連論文、動物実験による栄養関連論文を抽出した(7695論文)。これら抽出論文の分析を行うことで、研究が活発な研究機関の研究体制等について分析を行った。結果:「ヒト研究による栄養関連論文」に関しては、欧米の研究機関・大学がほぼランキングの上位を占めた。また、世界のトップ機関において栄養に関する研究は、医学部の他、農学部に栄養学部又は栄養学科が置かれて、なされている場合が多かった。「ヒト研究による栄養関連論文」の筆頭著者の所属機関の所在国別ランキングの上位30カ国のそれぞれの国内で第1位となる論文生産機関をみると、日本を含め4ヵ国以外は全て研究及び教育を行う機関であった。考察:ランキング上位国では、人間栄養学を行う拠点となる大学に、ほぼ、栄養学の学部あるいは学科があったが、日本では、上位10位以内に栄養学の学科がある大学は2機関のみであった。日本で人間栄養学を勉強したくても、現状では研究者を養成する大学(学部)・大学院が質・量ともに圧倒的に不足している。世界から長寿国として注目されている日本において、研究・教育機関たる大学(学部)・大学院で、レベルの高い人間栄養学の教育及び研究が実施される必要がある。
URI: http://hdl.handle.net/11035/499
出現コレクション:04 DISCUSSION PAPER

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-DP072-FullJ.pdf報告書全文1.36 MBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-DP072-AbstractJ.pdf要旨682.84 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-DP072-SummaryE.pdfSummary247.89 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-DP072-SummaryJ.pdf概要682.42 kBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ