NISTEP Repository >
0  報告書 >
01 NISTEP REPORT >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/542

タイトル: 科学技術連関モデルの開発 - 数量評価と科学技術への含意 -
その他のタイトル: ”Development of Input-Output Table for Science,Technologyand R&D --Some results and policy implication--’
著者: 森, 俊介
菊池, 純一
馬場,, 靖憲
三津間, 秀彦
研究領域: 研究開発とイノベーション
イノベーションと無形資産
発行日: 3月-1992
出版者: 科学技術政策研究所 第1研究グループ
資料の種類・番号/レポート番号: NISTEP REPORT;022
URI: http://hdl.handle.net/11035/542
出現コレクション:01 NISTEP REPORT

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-NR022-SummaryE.pdfSummary87.74 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-NR022-SummaryJ.pdf概要193.5 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-NR022-FullJ.pdf報告書全文6.31 MBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ