NISTEP Repository >
0  報告書 >
03 調査資料 (Research Material) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/927

タイトル: 我が国の大学・公的研究機関における研究者の独立の過程に関する分析 -研究職歴と研究権限についての大規模調査-
その他のタイトル: Independence Processes of Researchers in Japan- Large-scale Survey of Job History and Authority for Research -
著者: 齋藤, 経史
中務, 貴之
茶山, 秀一
研究領域: 科学技術人材
科学技術指標・科学計量学
科学技術指標
発行日: 3月-2011
出版者: 科学技術政策研究所 第1調査研究グループ
資料の種類・番号/レポート番号: 調査資料;195
抄録: 本調査〔アカデミックキャリアパスの実態把握のための調査〕では、同一機関内の内部昇格を含む研究職歴における研究環境・権限、任期の有無および状態、研究者としての独立の自覚を調査した(有効回答4,456, 回収率66.3%)。研究環境・権限は総じて「発表論文の責任者」「担当課題の予算作成・執行の実質的な責任者」「特定の部下(大学院生)の指導の責任者」「研究グループの予算作成・執行の実質的な責任者」「独立した研究室」の順に拡大していくこと、これら5つの権限を満たしたPI(Principal Investigator)は研究者のうち36%であることが確認された。加えて、1950年代生まれの世代と1970年代生まれの世代を比較すると、研究環境は概して改善していることが示された。
URI: http://hdl.handle.net/11035/927
出現コレクション:03 調査資料 (Research Material)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-RM195-FullJ.txt報告書全文506.82 kBText見る/開く
NISTEP-RM195-PressJ.pdf報道発表資料418.5 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-RM195-FullJ.pdf報告書全文2.34 MBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ