NISTEP Repository >
0  報告書 >
03 調査資料 (Research Material) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11035/932

タイトル: 研究者国際流動性の論文著者情報に基づく定量分析 -ロボティクス、コンピュータビジョン及び電子デバイス領域を対象として-
その他のタイトル: Quantitative Analysis on International Mobility of ResearchersBased on Author Information-Robotics, Computer Vision and Electron Devices Research Domains as Subjects-
著者: 古川, 貴雄
白川, 展之
奥和田, 久美
研究領域: 科学技術人材
科学技術指標・科学計量学
科学技術指標
科学計量学
科学技術予測・科学技術動向
科学技術予測
科学技術動向
発行日: 8月-2011
出版者: 科学技術政策研究所 科学技術動向研究センター
資料の種類・番号/レポート番号: 調査資料;199
抄録: 論文に記載された著者情報から、研究者の国際流動性の実態を定量的に把握し、国別と領域別の特徴を見出した。ロボティクス、コンピュータビジョン、電子デバイス領域の代表的な論文誌の著者情報により、各領域それぞれ約2,300 名の研究者について所属組織と博士、修士、学士取得組織を抽出し、研究者の国際流動性を記述するデータを作成し、これを解析した。その結果、各領域に共通して、世界各国から米国に研究者が流入し、中国から多くの研究者が国外に流出する大きな流れが明らかになった。日本はロボティクスと電子デバイス領域の研究者が数多いが、国際流動性は各国に比べてかなり低い。特に、電子デバイス領域においては、研究者数が米国に次いで多いにもかかわらず、研究者数に比して論文数が少なく、大学も企業も海外からの研究者を受け入れていない。また、ロボティクス領域の主要大学を比較すると、日本の大学は国内の組織間流動性も低い傾向にある。
URI: http://hdl.handle.net/11035/932
出現コレクション:03 調査資料 (Research Material)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NISTEP-RM199-FullJ.txt報告書全文394.21 kBText見る/開く
NISTEP-RM199-PressJ.pdf報道発表資料961.04 kBAdobe PDF見る/開く
NISTEP-RM199-FullJ.pdf報告書全文28.4 MBAdobe PDF見る/開く

このライブラリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

ページトップへ